business
事業案内

各種メッキ加工

硬質クロムメッキ

硬質クロムメッキ

硬質クロムめっきは、比較的厚いクロムめっき(JISでは5μ以上と規定)で3つの大きな特性を持っている。
①高硬度
 通常の電気めっきの中ではもっとも高硬度で、熱処理鋼、窒化鋼などよりも遥かに硬度が高い
②耐摩耗性
 クロムめっきに要求されるもっとも重要な基本的性質できわめて良好
③耐食性
 塩化物以外の化学薬品に対して安定であり、大気中でも10μm以上の厚さをもつ皮膜は比較的良好な耐食性をもつ

日成化学鍍金工業では、優れた生産設備及び作業環境のもと、あらゆる産業分野の多品種・少量部品等に対処可能な管理体制を確立しています。
大・小4槽のめっき槽により、1級及び2級の国家資格を持つ“めっき技能士”によって、あらゆるタイプ(光沢・梨地・等)の硬質クロムめっき皮膜を、直接1μm~500μm程度鍍着させます。
さらに、要求仕様に合わせた仕上げ方法を施工し製品の付加価値を高めることで、お客様から多大な評価と信頼を頂いております。

【硬質クロムめっき対象素材】

  • ステンレス(オーステナイト系、フェライト系、マルテンサイト系)
  • 鉄鋼(各種)

【仕上げ加工】

  • 鏡面仕上げ
  • バフ研磨
  • 梨地
  • 熱処理

ニッケルメッキ

ニッケルめっきは、錆びにくく、耐薬品性があり、電気ニッケルめっき・無電解ニッケルめっき共に、めっき分野において重要な位置を占めています。
日成化学鍍金工業では、無光沢ニッケルめっき、ストライクニッケルめっき、光沢ニッケルめっき(バレルのニッケルめっき), ニッケルクロムめっきなど、各種ニッケルめっき処理に対応しています。

【ニッケルメッキ対象素材(金属)】

  • ステンレス(オーステナイト系、フェライト系、マルテンサイト系)
  • 鉄鋼(各種)
  • 銅及び銅合金(真鍮、りん青銅など)
ニッケルめっき
ハンダ、鉛めっき

ハンダ、鉛めっき

日成化学鍍金工業では、顧客のニーズに対応するためすず-鉛はんだめっきを行っております。
対象分野は蓄電池業界の接続板、端子に使用されています。

【ハンダメッキ対象素材】

  • 銅及び銅合金(真鍮、リン青銅)

無電解ニッケルめっき

無電解ニッケルめっきは電気を使わずに化学反応で皮膜をつけるため、複雑な形状に対しても膜厚のむらなく均一につくため寸法精度を求められる製品にむいている。
さらに、機械的特性(硬度、耐食性、耐熱性)、電気的特性(電気抵抗、析出状態では非磁性)に優れている。

【無電解ニッケルメッキ対象素材】

  • ステンレス(オーステナイト系、フェライト系、マルテンサイト系)
  • 鉄鋼(各種)
  • 銅及び銅合金(真鍮、りん青銅など)
  • アルミニウム
無電解ニッケルめっき
黒クロムめっき

黒クロムめっき

漆黒調の皮膜が得られる黒クロムは弱電部品や通信機部品に利用されている。
耐食性は大で塗装の黒色に比べてもっとも耐久性のある皮膜が得られる。

【黒クロムめっき対象素材】

  • ステンレス(オーステナイト系、フェライト系、マルテンサイト系)
  • 鉄鋼(各種)
  • 銅及び銅合金(真鍮、りん青銅など)

その他対応可能な表面処理

日成化学鍍金工業では協力会社を連携し、亜鉛めっき、銅めっき、錫めっき、金めっき、銀めっき等幅広いメッキ加工から、黒染め、アルマイト、溶融亜鉛めっき等の表面処理にも対応いたしております。
小ロット品からでもお請けいたします。

【その他対応可能なメッキ加工 対象素材】

  • ステンレス(オーステナイト系、フェライト系、マルテンサイト系)
  • 鉄鋼(各種)
  • 銅及び銅合金(真鍮、りん青銅など)
  • アルミニウム
その他対応可能な表面処理

バフ研磨

商品を美しい光沢に仕上げる
「バフ研磨」技術

「素材表面を滑らかにしたい」「バリ・面取りを行いたい」「素材表面やめっき後に光沢を出したい」
日成化学鍍金工業では、社内一貫体制でメッキ処理からバフ研磨仕上げまで対応可能です。

鏡面仕上げ前

鏡面仕上げ前

鏡面仕上げ中

鏡面仕上げ中

鏡面仕上げ後

鏡面仕上げ後

品質検査体制

日成化学鍍金工業は、品質検査体制の強化を図り、さらなる品質向上へ挑戦しています。

工程内検査、完成品検査に至るまで徹底した品質検査体制を構築することにより、不具合品を納入しない万全のしくみを敷いております。
お客様の要求通りの製品に仕上がっているかを、熟練の検査員が目視検査、寸法計測、めっき膜厚の検査など、最新の試験機を用いて品質検査を行っております。

計測器・試験器

計測器・試験器

目視検査

目視検査

めっき膜厚検査

めっき膜厚の検査

社内技術講習会

すべての社内作業工程をマニュアル化。“技術力の継承”と“新分野への挑戦”

日成化学鍍金工業では、定期的に社内技術講習会を開催し技術の研鑽に努めています。
社内での作業をマニュアル化し情報を共有できる体制の構築、オリジナル治具の開発、膜厚の安定化などの研究開発など、幅広いテーマについて社内で議論する機会を設けています。

講習会風景01

講習会風景01

毎月一度、日成化学鍍金工業では土曜に出勤日を設けて、社内技術講習会を実施しております。
技術力の継承はもちろん、働きやすい環境作りを推進することにも繋がっています。

講習会風景02

講習会風景02

和やかな雰囲気の中で、社長自ら講師となりメッキに関する勉強会を開催。

斬新な発想力から生まれる新技術

講習会風景03

「わずか1μの穴へ均一なメッキを施せないか」というお客様の要望に応えることができたのは、社員の人達の経験から生まれたものです。
社員たちの自由な発想力を成長させる機会を提供する意味もあり、新技術開発の成功につながっています。

ISO9001認証取得

お客様からの信頼と満足をいただける品質のご提供

日成化学鍍金工業は、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001:2015の認証を2019年10月に取得しました。
ISO9001で示された品質マネジメントシステムを運用することにより、お客様のニーズへの対応、安定した品質のサービス提供がより確実に行えるようになります。
日成化学鍍金工業では社員一丸となって、今後も皆様に安心してご使用いただける高品質な製品づくりを目指す所存です。

認証番号 QMJ:186
組織名 日成化学鍍金工業株式会社
認証規格 JIS Q 9001:2015(ISO 9001:2015)
登録日 2019年10月7日

保有特許/所有資格

当社は「技術」で顧客の期待に絶えずお応えします。

日成化学鍍金工業では、これまでにメッキ処理技術に関する特許を単独または共同で開発・取得し、現在2件を保有しています。
また、一級めっき技能士など各種資格を所有する技術者たちが多数在籍しています。

保有特許 2件(第5276580号、第4427262号)
一級めっき技能士 2名
二級めっき技能士 5名
毒物劇物取扱責任者 1名
乙種危険物取扱者 1名
特定化学物質作業主任者 1名